京都学生リーグ最終日 女子

《女子》
立命館大学 3ー1 龍谷大学
【第1ダブルス】
小口・土井 2(21-15 21-5)0 牧野・河崎

【第2ダブルス】
北吉・大谷 2(21ー15 20ー22 21-19)1 西・松本

【第1シングルス】
小口 1(15-21 21ー18 15-21)2 東野

【第2シングルス】
土井 2(21-12 21-5)0 青柳


同志社大学 0ー3 京都産業大学
佛教大学 3ー1 滋賀短期大学

最終順位
優勝:立命館大学 準優勝:龍谷大学 第3位:京都産業大学 第4位:同志社大学 第5位:仏教大学 第6位:滋賀短期大学

この日は今期最初の大勝負である。しかもダブルス1本は勝負はほぼ互角になるのではと予想される。しかし、1回生の高橋さんが発熱でダウンらしく、向こうはオーダーを入れ替えて西を後ろに下げた。おかげで第1複は割と簡単に取ることができたが、北吉・大谷と西・松本の試合は混戦となった。これまで苦戦続きの北吉大谷に対して西がプレッシャーを掛けてくる。幸いなことにパートナーとのコンビネーションにまだ難がありそうだったので、一気につぶされるラリーが少なかったため、最後は北吉たちが逃げ切った形となった。何とかダブルス2本取れてリーチ。しかし、次の小口と東野、小口にはぜひ勝ってほしかった試合である。動きはどちらかといえばいいほうだったと思う。ラリー構成も悪くなかった、しかし試合に勝つにはもう一つ必要である。それは勝負のポイントでラリーを取るための集中と選択。チャンスは数少ない。そのチャンスに連取するためには相手の苦手なところを徹底して攻める集中攻撃と的確なコースの選択が必要だ。これは何回もトライし、何度も経験を積まないと身につかないと思う。ただ、その崩し方が一度頭にインプットされるとテキストを読み込んだように、崩すコース・タイミングを的確に選択できるようになる。もちろん微妙な相手との距離や駆け引きの関係ですべてがうまくいくとは限らない。大事なことは次のコースを読みやすくするためショットを打って、次のショットのモーションにつないでいけるかということである。
結局小口はファイナルゲームで敗退し、次の土井杏奈が相手1年生に対してしっかり自分の試合をすることができ、勝利し今回は立命館に軍配が上がった。



koguchi.jpg
スポンサーサイト

京都リーグ最終日

《男子》
立命館大学 3-1 京都産業大学

【第1ダブルス】
土居・北野拓二 2(22-20 21-13)0 上内・永野

【第2ダブルス】
廣岡・川下 1(17-21 21-14 19-21)2 村上・山田

【第1シングルス】
土居 2(21-13 21-19)0 大倉

【第2シングルス】
平野 2(21-19 17-21 21-10)1 上内

【第3シングルス】
川下 (打ち切り) 村上


龍谷大学 3-2 同志社大学
京都大学 3-1 花園大学

最終順位
優勝:立命館大学 準優勝:龍谷大学 第3位:同志社大学 第4位:京都産業大学 第5位:京都大学 第6位:花園大学


最終日は故障者・病気のためオーダーが大幅に変更になった。単複の要の宇野が発熱でダウン第2ダブルス平池は足の故障でダウン単の北野大地も足の故障。そのため第1第2ダブルスを入れ替え、2本ともほぼ即席ダブルスとなった。単はこれまで安定していた平野と川下、それに相手との相性を考えて土居をいれた。
ダブルスを入れ替えたのが候をそうしたか、土居・北野拓二の複がいい試合を見せた。レシーブ場面でも前に積極的に出る姿勢をみせ、アタック場面では土居が相手を良く見て拓二につなげることができた。おかげで幸先よく第1複を取れた。逆に第2ダブルス取れるであろうと思っていた川下・廣岡が落としてしまい、次の土居の単への重圧がかかる。しかし、この日の土居寛人は違った。コート四隅を使って相手を振り回し、好機にアタックをかまし、見事に勝利すると、ながれは一気に立命に。次の平野がアタッカーの上内を相手に前に出る威圧感あるいいシングルスをみせ、ファイナルで勝利。今日はいつものポイントゲッターだけではなく、皆で勝ち取ったいいゲームだった。
写真は最後を決め、このリーグ単全勝の平野晃一。

hirano.jpg

京都学生リーグ4日目 女子

立命館大学 5ー0 同志社大学
【第1ダブルス】
実光・土居 2(21-19 21-10)0 米森・藤本

【第2ダブルス】
北吉・大谷 2(21ー10 21ー5)0 赤木・小川

【第1シングルス】
小口 2(21ー9 21ー16)0 久保

【第2シングルス】
野村 2(21ー16 21ー10)0 米森

【第3シングルス】
北吉 2(21ー17 21ー15)0 樫栄


DVC00001.jpg

京都学生リーグ4日目 男子

立命館大学 3-2 同志社大学
【第1ダブルス】
川下・宇野 2(21-13 21-18)0 伊佐・福家

【第2ダブルス】
廣岡・平池 0(15-21 20-22)2 伊藤・矢部

【第1シングルス】
平野 2(21-10 21-19)0 定清

【第2シングルス】
北野大 0(6-21 15-21)2 矢部

【第3シングルス】
宇野 2(21-18 21-18)0 伊藤


昨日行われました4日目の試合、見に行くことができなかったのですが、様子を伺うとやはりダブルスとシングルス共に②番手③番手が相手トップに勝つところまでは行かない現状である。
しかし、ポイントを取るべき人が取ってくれた。選手自身が、チームがこの勝利をどう評価するか?われわれが目指す団体戦の勝利はどんな勝ちかたなのだろうか?誰が出ても100%の力を出すことのできるチームになれれば最高である。

京都学生リーグ3日目 女子

立命館5ー0佛教大学
実光・土居2(21-8・21-11)0大西・松居
北吉・大谷2(16-21・21-7・21-19)1浦谷・池下
小高2(17-21・21-13・21-16)1大西
渋川2(17-21・21-15・21-12)1池下
野村2(21-16・21-15)0浦谷

今日は北吉・大谷の不安定さが目立った。ラリーを切っていくときにつながりをいまいち感じられないままにゲームが進んでいき、第2ゲーム圧倒的に折り返すもいまいち乗り切れない、というか納得いかないといった状態である。よ~くわかる。うまくいかないスランプの時はそういうものだ
シングルスの2回生コンビ(小高・渋川)はまだまだテンポの速さでラリーを切れないので、飛ばない羽根で力勝負になると劣勢になるときがある。バドミントンに関しては、スピードとパワーは相対関係である

第1ダブルスと第3シングルスは、自分たちのペースに速く巻き込むことができたのではないかと思われる

京都学生リーグ3日目 男子

立命館5-0京都大学
土居・北野拓二2(21-19・21-17)0小見山・嶋田
廣岡・平池2(21-18・21-18)0伊藤・稲葉
北野大地2(21-6・21-3)0松木
川下2(21-16・21-9)0嶋田
宇野2(21-18・21-7)0伊藤


本日の京大戦、ダブルス陣の課題がよくわかる内容だった。次につながる配球と後衛からの攻撃のコース、前衛の活かし方、次読みやすいリターンを引き出すアタックのコースといったところである
一つ一つの球に意味を持たせられるかがバドミントンでは勝敗の大きな鍵を握る。もちろんそれだけではだめが、大きなファクターの一つである。
明日以降の試合でその意味をしっかり見つけられるかは安定したプレーができるかの分かれ目だ。明日以降に期待

京都学生リーグ2日目 女子

立命館大学5ー0滋賀短期大学
実光・土居2(21-5・21-12)0佐藤・橋本
北吉・大谷2(21-7・21-8)0北村・宇野
小高2(21-14・21-7)0佐藤
渋川2(21-10・21-10)0宇野
小口2(21-2・21-6)0西


こちら女子も問題なく2戦目もゲット。団体デビュー戦の渋川、1年生でデビューの土居など新たな期待メンバーが入り、こちらも盛り上がってもまいりました
最初は緊張していてもいい。その後足が動いてきて最初の緊張感がいい意味で働いてくると気が多くあった。だから最初の緊張は全く問題ないと思う。むしろその緊張感の欠如こそ最大の落とし穴となりうることを認識しなければならない。


京都学生リーグ2日目 男子

立命館大学5-0花園大学
川下・宇野2(21-2・21-4)0長谷川・門脇
廣岡・平池2(21-5・21-12)0矢田・水本
北野大地2(21-0・21-4)0長谷川
平池2(21-3・21-3)0矢田
宇野2(21-10・21-6)0水本


花園大学はやはり昨年より戦力ダウンしている感が否めない様子である。
各試合一方的な展開となっており、手堅く立命館大学が2勝目をゲットした。
ところで他校の様子も観戦すると、京都産業大学・同志社大学とともに京都大学も結構元気があった
われわれの目から見ていても、向かっていこうとする姿勢が感じられたので(もちろん粗い部分は否めないが・・)次の対戦のときは怖い相手だと思われる。
立命館の学生には、向かっていく+視野の広い+相手をよく見る バドミントンをしてほしい・・・・

京都学生リーグ 初日 女子

立命館大学4-1京都産業大学

北吉・大谷1(18-21・21-15・15-21)2中尾・竹内
土井・小口2(21-12・21-7)0松田・佐々木
小高2(21-18・21-9)0藤本
小口2(21-17・21-14)0中川
土井2(21-14・21-12)0佐々木


これまで絶対の存在として安定感を見せていた第Ⅰダブルス北吉・大谷がこの開幕戦でいきなり躓いた。
相手のダブルスはドライブ戦を得意とし、前に積極的に詰めてくるタイプ。これまでもこのタイプにも対応してきたふたりではあったが、この日は防戦に回ってしまった。第2ゲームを取り返しペースをつかんだかに見えたが最後は悪いところが出た形となってしまった。
続く土井・小口はこちらはいつもどおり安定感をみせ圧勝。昨年よりもダブルスとしての強みを出せるようになってきたのではないかと思う。
シングルスでトップ初出場の小高は点数的には圧勝に見えたが、まだまだスピード不足。長身を生かした攻撃を展開するには一瞬のスピードアップが必須。常に早くなくてもこの一瞬を捉えられれば他のものを押さえ込めるはず。
続く小口の相手の中川さんはルーキー。緊張もあったかと思うが、やはり小口の運動量とリズムの速さについてこられずミスを連発してくれて楽な展開となった。
最後の土井もこちらも鋭いストロークで常に主導権をとることができ、危ない場面もなく勝利した。

京都学生リーグ開幕 男子

4月4日(日)京都学生リーグが開幕しました。

男子
立命館大学3-2龍谷大学

宇野・川下2(21-17・21-12)0小林・松原
廣岡・平池0(18-21・18-21)2堤・岩江
北野大地0(13-21・15-21)2松原
平野2(24-22・21-17)0小林
宇野2(13-21・21-14・21-18)0堤

ぎりぎり勝ちでしたね。第1ダブルスはさすがエースダブルスとしてプレッシャーをものともせずに自分たちの形を出せたと思います。第2ダブルスと第1シングルスはともに2年生を含んでおり、メンタル面でプレッシャーをはねのけることができなかったという課題が残りました。練習時の平常心を試合に持ち込めてない、試合になるとプレーのうえでの重要なポイントがわからなくなるとか・・・そのような課題がたくさんあると思います。
第2シングルスの平野はプレッシャーのかかる場面でよくしのいでくれました。ここは相手との実力さ以上に自分のプレーをすることができるかということが一番大事になるところ。そういう意味ではさすが4年生。今後頼りになる存在になりそうです。
最後の宇野は相手の堤君も攻撃的ないい選手なので、大事なことは相手が打ちたいコース・パターンにはめないことでした。最初のゲームはまったく向こうのペースで向こうのやりたい放題でしたが、2ゲーム以降、ネット前からのフェイントを駆使して向こうのアタックチャンスを減らすことでストレスを掛けていけたのが良かったと思います。
開幕戦で始めて重役を担う選手たちには多くの課題がみえたはずこれらの課題を5月の関西リーグまでに克服する努力と工夫がもっとも大事ですね。

京都学生リーグ戦 始まります。

今週日曜日から京都学生リーグが始まります本当に早いですね。もう4月です。
2月から始めた開幕への準備もあっという間に終わりましたが、学生たちの開幕への心と体の準備、大丈夫かなあ。やることはやったつもりですが、やはり心配です。特に今年は男子は新しく中心選手になるメンバーが多いので、最初の1戦目は非常に大切になる本人たちにその意識がしっかりあるかどうか、試合が始まってみないと判らないかも。
日曜日の試合は男子は龍谷大・女子は京都産業大と対戦。ある程度の接戦は覚悟の上。今シーズンも選手たちに期待するのはタフな試合を見せてほしいこと。最後まで気持ちが折れないこと、後半になるほど増して行く集中力と思考。ゲームをトータルに見れる視野の広さと戦略的なゲームプランに期待します。

3/28合宿最終日の一枚
日曜日に終了した合宿での集合写真です。前列真ん中が翁コーチ。中国ナショナルジュニア・シンガポールナショナルコーチを経験されて、ここ3年ほどチームRITSの臨時コーチになっていただいてます。
4月から始まる試合で好成績を残して、結果を連絡しますね~。