トレーニング合宿やりました!

2月20日(日)・21日(月)の2日間、BADMINTONFAUNの渡邉氏を招聘してトレーニング合宿を決行しました。
トレーニングの考え方やバドミントンに必要な筋力、体の使い方(特に股関節、肩甲骨)などレクチャーあり、追い込みありでかなり充実した2日間になりました。
内容については、ここでは詳しく紹介は出来ないのですが、全体として体の使い方をゆっくり覚えて、いつも意識しないと強化できない部位を補強的に鍛え、覚えた動きを使ってハードに実践に近づけたトレーニングを積むっていう流れでした。
特に股関節と殿部の日ごろ意識しない筋肉などは、定期的に鍛えないとすぐに怪我につながり、更に鍛えるだけじゃなく、常に体のバランスを整えることを意識しなければならないということを選手も私も確認できたと思います。
補強トレ1

補強トレ2


もう1つの収穫としてあったのが、複合型インターバルトレーニングの運用が今回の内容ですごく幅が広がったのと、実施目安がはっきり判ったことです。複合型のインターバルは、オンコートの羽打ちとオフコートのトレーニングを複合して行うことで、筋肉の伸縮率が下った、かなりきつい状態で羽打ちをすることで厳しい場面を潜り抜けるためのフィジカルとメンタルの両面からのアプローチです。いろんな組み合わせが出来るので以前違う組み合わせでやっていたことがあったのですが、今回はオフコートトレが時間で区切られるのではなく本人の努力私大で時間が変わってくるというところにミソがありました。
基本、本人の頑張り次第でレストが多くなったり少なくなったりという変化が一番効果的ですよね。自分次第なんだから。ゲーム中の苦しいときもまさに自分次第で状況は打開できるという強さを身に付けるにはいいと思います。


下の写真はチューブトレーニングの様子です。
基本、チューブで引っ張ってあげるのですが、動作の仕方によってアプローチの部位を変えます。
足に引っ掛けてロボット歩きするのもあって、以外な効果がありました(お尻ですけど・・・)


チューブトレ2

チューブトレ1

チューブトレ3
スポンサーサイト