スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年関西学生春季リーグ戦 初日

本日4月27日(水)に大阪中央体育館にて関西リーグ戦1日目が行われました。


●男子

立命館大学 4-1 関西大学

【第1シングルス】
中村2(22-20 21-17)0柳澤

【第2シングルス】
平池2(21-17 21-18)0石岡

【第1ダブルス】
土居・宇野2(21-17 21-17)0池内・高柳

【第2ダブルス】
拓二・円城寺1(21-16 23-25 14-21)2石岡・柳澤

【第3シングルス】
宇野2(21-16 21-13)0大西

近畿大学 3-2 龍谷大学

京都産業大学 3-2 関西学院大学

●女子

立命館大学 5-0 関西大学

【第1シングルス】
土井2(21-13 21-13)0三納

【第2シングルス】
小高2(21-12 21-17)0宮下

【第1ダブルス】
内藤・渋川2(21-18 2-16)0室達・萬本

【第2ダブルス】
土井・実光2(21-19 21-13)0宮下・三納

【第3シングルス】
山崎2(21-11 11-21 28-26)1室達

龍谷大学 5-0 天理大学

関西学院大学 3-2 京都産業大学



男女共に勝利をあげることが出来ました。良いスタートがきれました。次回もしっかりと勝てるよう頑張ります。

【今後の予定】
2日目 4月30日(土)大阪府立中央体育館にて
男子は京都産業大学
女子は天理大学

3日目 5月1日(日)龍谷大学にて
男子は龍谷大学
女子は京都産業大学

4日目 5月5日(木)龍谷大学にて
男子は関西学院大学
女子は龍谷大学

5日目 5月7日(土)大阪府立中央体育館にて
男子は近畿大学
女子は関西学院大学

という日程になっております。
スポンサーサイト

明日のバドマガに記事が出ます!!

明日発行のバドミントンマガジン5月号に本学の練習メニューの紹介記事が載ります。
以前取材に来ていただいたときのシングルス編を今回は掲載予定です。
紹介した練習内容に関しては結構一般的なものを含んでいますが、そこに含まれている目的をきっちりピックアップできるかがキーになると思います。
シングルスでは、押し込まれても押し返す力があるかということと、ネット前からのテクニックとロブの使い方がものすごーく大事になってきます。先日の京都学生リーグを見ていても激しい動きの中でのこれらの精度が高い選手は安定したプレーが出来ているという印象でした。
女子のシングルスでは、クリアー・ロブの高さの変化とバックバウンダリーラインまで追い込むことが出来るかが勝利の鍵のようでした。どうしても低い球で速く追い込みたいって思いますよね・・・。そこをじっくり出来るかってのはメンタル面も関係すると思います。

2011年度京都学生リーグ最終日結果

4月17日(日)に佛教大学にて京都リーグ最終日が行われました。



●男子
立命館大学 3-1 龍谷大学

【第1ダブルス】
土居・宇野2(21-16 21-13)0吉村・堤

【第2ダブルス】
拓二・円城寺2(21-12 21-19)0松原・逢澤

【第1シングルス】
中村1(21-15 19-21 17-21)2吉村

【第2シングルス】
平池2(14-21 21-17 21-18)0山形

【第3シングルス】
和田(打ち切り)松原


優勝を決めた平池選手
ドラッガーの”マネジメント”を題材にした物語

京都産業大学 3-2 同志社大学

京都大学 3-0 京都学園大学


●女子

立命館大学 3-1 龍谷大学

【第1ダブルス】
土井・小口2(21-8 12-21 21-17)1西・高橋

【第2ダブルス】
内藤・土居1(15-21 21-18 12-21)2東野・中尾

【第1シングルス】
土井2(21-16 13-21 21-16)1小森

【第2シングルス】
小高2(23-21 21-18)0稲葉

【第3シングルス】
小口(打ち切り)東野


優勝を決めた小高選手
DVC00001.jpg


同志社大学 3-2 京都産業大学

佛教大学 2-3 びわこ成蹊大学


というわけで、男女ともに昨年に続き優勝することが出来ました。
昨日までの不安要素を払拭するような全体としていい内容のゲームが多かったと思います。
特に3回生のメンバーの活躍が光り、この大会期間での成長が見られたと思います。
次の関西リーグでの活躍も期待しています。

2011年度京都学生リーグ4日目

4月16日(土)に京都リーグ4日目が京都薬科大学にて行われました。


●男子
立命館大学 3-2 同志社大学

【第1ダブルス】
土居・宇野2(21-16 21-17)0山中・福家

【第2ダブルス】
拓二・円城寺0(14-21 19-21)2中井・佐々木

【第1シングルス】
平池1(15-21 21-13 16-21)2定清

【第2シングルス】
和田2(21-14 21-12)0山中

【第3シングルス】
中村2(21-16 21-11)0福家

龍谷大学 3-2 京都学園大学

京都産業大学 5-0 京都大学


●女子

立命館大学 4-1 京都産業大学

【第1ダブルス】
土井・小口2(21-16 21-17)0中川・安井

【第2ダブルス】
渋川・安田0(17-21 16-21)2佐々木・竹内

【第1シングルス】
小高2(19-21 21-13 21-16)1中川

【第2シングルス】
土井2(21-15 21-9)0佐々木

【第3シングルス】
MC山崎2(21-16 21-12)0竹内

龍谷大学 5-0 びわこ成蹊スポーツ大学

同志社大学 5-0 佛教大学

京都リーグ3日目の結果

4月9日土曜日に同志社大学にて京都リーグ3日目が行われました。



男子の報告


立命館大学 5-0 京都学園大学

【第1ダブルス】
土居・宇野 2(21-4 21-3)0 増田・西尾

【第2ダブルス】
拓二・円城寺 2(21-13 21-14)0 東山・藤本

【第1シングルス】
河野 2(21-11 21-14)0 岡田

【第2シングルス】
大地 2(21-10 21-9)0 浪本

【第3シングルス】
満園 2( 21-19 21-16)0 藤本


龍谷大学 5-0 京都産業大学

同志社大学 5-0 京都大学



女子の結果

立命館大学 5-0 びわこ成蹊スポーツ大学

【第1ダブルス】
小口・実光2(21-3 21-3)0河野・神徳

【第2ダブルス】
渋川・安田2(21-11 21-14)0西本・福島

【第1シングルス】
小高2(21-6 21-6)0山瀬

【第2シングルス】
渋川2(21-12 21-8)0脇阪

【第3シングルス】
土井2(21-11 21-11)0西本

龍谷大学 4-1 同志社大学

京都産業大学 5-0 佛教大学

京都リーグ2日目の結果

4月8日金曜日に太陽ヶ丘体育館にて京都リーグ2日目が行われました。

男子の結果

立命館大学 4-1 京都大学

【第1ダブルス】
土居・宇野 2(21-13 21-14)0 嶋田・稲葉

【第2ダブルス】
和田・平池 2(21-8 15-21 21-11)1 柿木・小見山

【第1シングルス】
満園 0(16-21 15-21)2 伊藤

【第2シングルス】
中村 2(21-7 21-12)0 嶋田

【第3シングルス】
円城寺 2( 21-16 21-11)0 松木


龍谷大学 4-1 同志社大学

京都産業大学 4-1 京都学園


女子の結果


立命館大学 5-0 佛教大学

【第1ダブルス】
内藤・土居2(21-19 21-13)0池下・大西

【第2ダブルス】
片井・柏木2(21-9 21-13)0畠山・今

【第1シングルス】
小高2(21-14 21-17)0大西

【第2シングルス】
渋川2(21-13 21-13)0池下

【第3シングルス】
小口2(21-6 21-9)0今

龍谷大学 4-1 京都産業大学

同志社大学 4-1 びわこ成蹊大学

2011年京都リーグ初日

4月3日(日)、京都大学にて京都リーグの1日目が行われました。


男子の結果


立命館大学 3-2 京都産業大学

【第1ダブルス】
土居・宇野 1(14-21 21-1518-21)2 上内・永野

【第2ダブルス】
拓二・円城寺 2(18-21 21-13 21-14)1 村上・山田

【第1シングルス】
中村 2(21-23 21-11 21-11)1 上内

【第2シングルス】
平池 2(23-21 21-18)0 永野

【第3シングルス】
和田 1(10-21 21-14 16-21)2 村上


龍谷大学 5-0 京都大学

同志社大学 5-0 京都学園大学


女子の結果

立命館大学 4-1 同志社大学

【第1ダブルス】
小口・実光1(18-21 21-17 20-22)2小路・樫栄

【第2ダブルス】
内藤・土居2(24-26 21-16 21-17)1宮沢・近藤

【第1シングルス】
小高2(14-21 21-18 21-17)1小路

【第2シングルス】
土井2(21-12 21-11)0樫栄

【第3シングルス】
小口2(21-9 15-21 21-19)1宮沢

京都産業大学 5-0 びわこ成蹊スポーツ大学

龍谷大学 5-0 佛教大学



今年度最初の試合でしたが、全体として内容のいい試合より悪い試合のほうが多かった。
他校が実力をつけてきたことも事実だが、立命の選手の試合に対する準備の甘さや想定の甘さも露呈した内容だった。まだ始まったばかりなので、これからどのようにチーム全体を修正できるか、選手1人1人の努力にかかってきます。ただ、試合には勝ったことで次につながったことが救いでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。