スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度西日本学生選手権女子団体

≪女子≫
●2回戦
立命館大学 3-0 静岡大学

【第1シングルス】
小高2(21-18 21-17)0石津

【第2シングルス】
山崎2(21-15 21-17)0芹澤

【第1ダブルス】
内藤・渋川2(21-12 21-19)0石津・櫻井

●3回戦
立命館大学 3-0 神戸学院大学

【第1シングルス】
小口2(21-14 21-14)0大西

【第2シングルス】
小高2(21-14 21-5)0在間

【第1ダブルス】
土井・小口2(21-11 21-12)0久次米・宮澤

●4回戦
立命館大学 3-0 関西大学

【第1シングルス】
小高2(15-21 21-14 23-21)1室達

【第2シングルス】
土井2(22-20 21-16)0宮下

【第1ダブルス】
内藤・渋川1(17-21 21-15 11-16打ち切り)1室達・三納

【第2ダブルス】
土井・小口2(21-12 21-11)0西川・吉田

●5回戦
立命館大学 0-3 龍谷大学

【第1シングルス】
土井0(17-21 17-21)2東野

【第2シングルス】
小口0(15-21 15-21)2稲葉

【第1ダブルス】
内藤・渋川0(20-22 19-21)2西・高橋


今年度は男女とも連覇することができませんでした。
どこも力をつけてきていることは明らかです。
しかし、男子ベスト8、女子3位という結果をどう感じて、次へのリベンジを誓うかが本当に大切です。
次も同じような沈み方をするようでは本当に力がないだけです。
男子に関してはもっと危機感をもって準備をするべきでした。何か妙な安心や驕りがあったのではと思います。
他大学は戦力ダウンしているのではないかと思われても、蓋を開ければそれを超える力を出しているチームもありました。勝負はそういうもんです。やればやるほど本番で力を発揮できるものです。その当たりを反省しないと次はないでしょう。
女子も結局は4年生が負けての敗戦でしたので、負の要因が大きく働いた感じでした。

個人戦でのリベンジに期待です!!
スポンサーサイト

2011年度西日本学生選手権男子団体

8月29日(月)
北九州市立総合体育館にて西日本学生バドミントン選手大会、団体戦1日目が行われました。



≪男子≫
●2回戦
立命館大学 3-0 愛知教育大学

【第1シングルス】
中村2(21-8 21-7)0岡本

【第2シングルス】
北野大地2(21-8 21-9)0村上

【第1ダブルス】
土居・宇野2(21-11 21-11)0宮崎・村上

●3回戦
立命館大学 3-0 佐賀大学

【第1シングルス】
中村2(21-9 21-11)0田中

【第2シングルス】
北野大地2(21-7 21-16)0樫本

【第1ダブルス】
平池・北野拓二2(21-15 21-10)0近藤・塚本

●準々決勝
立命館大学1-3関西学院大学

【第1シングルス】
中村2(21-13 21-14)0若林

【第2シングルス】
北野大地0(15-21 16-21)2安田

【第1ダブルス】
土居・宇野1(13-21 21-13 14-21)2西川・城野

【第2ダブルス】
平池・北野拓二0(17-21 21-23)2坂井・矢神

西日本学生直前です・・・

久しぶりのブログ更新です。夏休みにあやかってブログもサボってました・・・。
あっという間に西日本学生1週間前になってしまいました。8月中旬の合宿、その後の練習試合などを経て、選手たちは心も体も試合に向けて仕上がってきていると信じております。

この間、男子も女子もスピードアップと決定力強化を中心に取り組んできましたが、やり切れた感はまだまだだった気もします。ただ、猛暑でそこまで詰めきるにはなかなか難しい面もありました。それでもやれることはやったと思います。

今回は各チームとも力が均等なため、接戦での体力消耗も充分考えられるので、優勝するまでのストーリーもしっかり考えて、最悪のケースを乗り切る覚悟で望まないと大変なことになりそうです・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。