京都総合2012 女子単複 混合複

女子
1日目(ダブルス)


●ダブルス1回戦
金山・藤波2(21-11 21-14)0谷川・渕上(京都西山高)

●ダブルス2回戦
小高・結城2(23-21 21-12)0岸上・陰山(乙訓高)

内藤・渋川2(21-14 21-15)0和田・川上(乙訓高)

柏木・樫山2(21-7 21-17)0山田・山中(京都外大西高)

土居・安田2(21-8 21-9)0北風・井上(いちごハウス)

金山・藤波0(17-21 15-21)2竹内・安居(京産大)

山崎・大條0(25-27 8-21)2岸田・深川(同志社大)

●ダブルス3回戦

小高・結城0(14-21 14-21)2河崎・牧野(龍谷大)

内藤・渋川2(21-15 21-18)0下農・榮口(三菱自動車)

柏木・樫山2(21-18 21-10)0藤本・宮原(龍谷大)

土居・安田2(21-12 21-13)0公受・翠簾屋(龍谷大)

●ダブルス準々決勝

内藤・渋川0(11-21 15-21)2河崎・牧野(龍谷大)

柏木・樫山2(21-9 21-11)0小路・樫栄(同志社大)

土居・安田2(21-18 12-21 21-17)1宮沢・近藤(同志社大)

●ダブルス準決勝

柏木・樫山1(21-17 15-21 11-21)2河崎・牧野(龍谷大)

土居・安田0(22-24 20-22)2竹内・安居(京産大)


2日目(シングルス・ミックス)
●シングル1回戦
土居2(21-15 21-17)0和田(乙訓高)

樫山2(21-4 21-5)0三宅(乙訓高)

藤波2(18-21 21-19 21-17)1山田(京都外大西高)

渋川2(21-11 21-18)0前里(京産大)

●混合ダブルス1回戦
松田・結城0(15-21 13-21)2奥名・宮原(龍谷大)

北野拓・柏木2(21-18 21-9)0西薗・松井(三菱自動車)

円城寺・内藤2(21-14 21-14)0杉本・中村(Dragon Smash)

常陰・安田2(21-13 23-25 22-20)1堀・浦野(三菱自動車)

●シングル2回戦

大條0(19-21 12-21)2藤元(乙訓高)

土居0(18-21 18-21)2河崎(龍谷大)

樫山2(21-10 21-7)0田村(三菱自動車)

藤波0(20-22 17-21)2翠簾屋(龍谷大)

山崎0(12-21 13-21)2公受(龍谷大)

小高2(21-15 17-21 21-13)1高橋(龍谷大)

渋川0(11-21 16-21)2岸上(乙訓高)

●混合ダブルス準々決勝

北野拓・柏木1(21-14 15-21 14-21)2佐々木・西(龍谷大)

円城寺・内藤2(17-21 21-11 21-18)1尾崎・城市(龍谷大)

常陰・安田0(13-21 10-21)2堤・牧野(龍谷大)

●シングル3回戦

樫山2(21-6 21-9)0川上(松尾中)

小高2(22-20 21-13)0宮沢(同志社大)

●混合ダブルス準決勝

円城寺・内藤1(21-13 17-21 17-21)2堤・牧野(龍谷大)


●シングルス準々決勝

樫山0(14-21 9-21)2中川(京産大)

小高1(21-14 17-21 16-21)2小森(龍谷大)


今回の女子ダブルス陣の奮起は、成長の跡が見られたと思います。
混合複については、女子の前衛での役割をもう少し果たせることと、男子のドライブ、アタックの切れを出せるかか課題です。そうすれば決めパターンにも繋がってくると思います。
シングルスは相変わらず押しの弱さが目立ちました。特にレシーブ場面とクリアーでの押し合いで相当負けていました。技術的なことよりも押し込んで勝ちきるための体力的な材料が不足しています。
夏場は特に単発でいい球を決めても続かなければ勝ちに繋がらない・・・。そのことを判って、スピードを上げて落とさない練習が必要です。

シングルスの強化は西日本までの明確な課題になりました。
スポンサーサイト

京都総合2012 男子単複

7月14日(土)、15日(日)に京都市立体育館にて京都総合選手権が行われました。


1日目(ダブルス)
男子
●ダブルス1回戦
中川・荒井2(21-16 21-11)0河本・北風(教職員)

浅野・荒木2(21ー11 21ー12)0常塚・和田(乙訓高)

●ダブルス2回戦
大橋・松田1(19-21 17-21 19ー21)2岡野(NJ)・湊(Antaler)

北野拓・常陰2(21ー15 21ー16)0満仲・鈴木(京産大)

宇野・円城寺2(21ー5 21ー10)0小山・島川(乙訓高)

平池・北野大(キケン)逢澤・藤田(龍谷大)

中川・荒井0(5ー21 5ー21)2高木・吉村(三菱自動車京都)

浅野・荒木0(13ー21 15ー21)2新居・佐々木(龍谷大)

●ダブルス3回戦
北野拓・常陰1(21ー19 18ー21 13ー21)2尾崎・植田(龍谷大)

宇野・円城寺2(21ー14 21ー16)0山形・濱崎(龍谷大)

●ダブルス準々決勝
宇野・円城寺2(21ー17 21ー14)0松原・村上(龍谷大)

●ダブルス準決勝
宇野・円城寺2(21ー8 21ー16)0新居・佐々木(龍谷大)

●ダブルス決勝
宇野・円城寺2(21ー14 17ー21 21ー19)1永野・岡村(京産大)


2日目(シングルス)
●シングルス1回戦
浅野(キケン)佐々木(MーCHEMICAL)

荒木1(21ー9 18ー21 17ー21)2嵯峨根(MーCHEMICAL)

弘中1(18ー21 21ー10 21ー23)2松浦(京都両洋高)

大橋2(21ー14 21ー17)0濱崎(龍谷大)

北野大(キケン)金田(京都市役所)

●シングルス2回戦
宇野2(21-11 19-21 21ー16)1中村(京産大)

浅野1(24ー26 21ー16 17ー21)2三森(三菱自動車京都)

平池2(21ー16 17ー21 21ー19)1福家(同志社大)

大橋0(19ー21 19ー21)2伊藤(同志社大)

●シングルス3回戦
宇野2(21ー9 21ー15)0藤田(龍谷大)

平池0(17ー21 16ー21)2松原(龍谷大)

●シングルス準々決勝
宇野2(18ー21 21ー18 21ー19)1山形(龍谷大)

●シングルス準決勝
宇野1(24ー22 23ー25 10ー21)2吉村(龍谷大)


男子は宇野・円城寺の2人だけが上位に進出して、その他はベスト8にも入っていないという今後を考えると大変厳しい状況です。
1・2回戦で消えた選手が多すぎで、シングルス龍谷大がベスト16に8名、立命館が2人しか入っていないということでは、この先団体戦でも個人戦でも勝負することができません・・。
これまでにない厳しい状況だということを、選手自信が認識するべきです。

この夏の練習を誠心誠意気持ちをこめて優勝に向かって努力しないと、また西日本、インカレで痛い目に遭って終るという最悪のシナリオが待っていると思います。

練習での取り組みがモロに試合に出ていると思います。

選手の皆は、夏の終わりには絶対の自信を持って望めるように努力しましょう!!

最近のもろもろニュース

関西選手権後、久々の投稿です。

先々週、京都府国体予選がありました。他府県でもこの時期多いですが、京都府は例年通りのスケジュール。
本学の女子2回生、ファイター樫山が見事優勝してくれました。
関西学生のベスト8クラスは出場していたので、棄権した選手権の分も汚名返上って感じです。
まあ、とにかく粗いですが、前に出る姿勢、攻撃の姿勢には相手も苦しんだでしょう・・・。本人が一番しんどかったと思いますが


そして先週末は、北海道から駒澤大学苫小牧と北翔大学が、鹿児島から鹿児島商業・鹿児島女子、四国から高松第一といろんなところからきていただき、練習会が出来ました。

人数多くて大変でしたが、違う球を受ける、対処を速くするという訓練にはなったと思います。

何事も、プラス思考で自分の練習にしていって欲しいものです。

北海道の選手も、技術的には光るものを持っていた選手も多くいました。あとは、身体を鍛えて、いろんな相手と戦って対応策を身に付ければ、もう一超えいくんじゃないでしょうか