2013全日本学生選手権大会 個人シングルス

10月22日(火)
個人戦シングルスの試合が行われました。

●男子シングルス1回戦

浅野0(17-21 22-24)2宇野(法政大)

荒木1(14-21 21-16 19-21)2西方(北翔大)

常陰0(14-21 11-21)2河崎(法政大)

●女子シングルス1回戦

岡崎0(10-21 8-21)2大堀(青学大)

大條1(21-10 17-21 10-21)2柳(専修大)

土居1(21-8 15-21 8-21)2芝野(専修大)

●女子シングルス2回戦

樫山0(14-21 10-21)2平井(専修大)

山崎2(11-21 21-9 21-13)1田上(東海大)

●女子シングルス3回戦

山崎1(21-13 19-21 21-23)2山川(日本大)
スポンサーサイト

2013全日本学生選手権大会 個人ダブルス

10月21日(月)
個人戦ダブルスの試合が行われました。

●男子ダブルス1回戦

常陰・松田2(21-16 21-17)0野中・近本(九国大)

●男子ダブルス2回戦

常陰・松田2(21-16 15-21 21-13)1中村・岡村(京産大)

●男子ダブルス3回戦

常陰・松田0(9-21 11-21)2松居・三浦(日体大)

●女子ダブルス1回戦

柏木・樫山(キケン)熊谷・関根(日本体育大)

大條・結城0(14-21 14-21)2前田・定宗(北翔大)

●ダブルス2回戦

柏木・樫山(キケン)村中・中村(九州国際大)

安田・土居0(18-21 9-21)2伊丹・中尾(龍谷大)

●ダブルス3回戦

柏木・樫山0(18-21 9-21)2河崎・牧野(龍谷大)

2013全日本学生選手権(千葉)団体戦

2013年10月19日
千葉ポートアリーナにて団体1日目が行われました。


【男子】
1回戦
立命館大学 3-2 熊本学園大学

【第1シングルス】
勢瀬2(5-21 21-18 21-17)1浅尾

【第2シングルス】
荒木0(14-21 17-21)2福島

【第1ダブルス】
大橋・常陰1(21-11 14-21 19-21)2中村・西村

【第2ダブルス】
勢瀬・畠山2(21-19 23-25 21-17)1新野尾・浅尾

【第3シングルス】
大橋2(21-18 27-25)0志水


2回戦
立命館大学 2-3 龍谷大学

【第1シングルス】
勢瀬2(21-14 21-16)0山形

【第2シングルス】
荒木1(14-21 21-14 11-21)2植田

【第1ダブルス】
大橋・常陰0(10-21 18-21)2新居・佐々木

【第2ダブルス】
勢瀬・畠山2(21-18 21-16)0奥名・村上

【第3シングルス】
大橋0(16-21 16-21)2逢沢


男子は昨年の4シードを守れず、無念のベスト16となりました。
ただ、1回生の勢瀬と勢瀬・畠山が龍谷大から2本をもぎ取り、しかも勢瀬の単は西日本チャンピオンの山形を破る勲章を挙げました。
シングルスの他の選手の頑張りが来年のチーム力に関わるところです。


【女子】
1回戦
立命館大学 3-0 東京女子体育大学
【第1シングルス】
樫山2(21-10 16-21 21-19)1三島

【第2シングルス】
山崎2(21-18 21-18)0千々波

【第1ダブルス】
土居・安田2(21-16 21-17)0三島・吉澤


2回戦
立命館大学 3-2 京都産業大学

【第1シングルス】
樫山0(17-21 11-21)2岸上

【第2シングルス】
山崎0(13-21 20-22)2中川

【第1ダブルス】
土居・安田2(21-12 21-12)0中川・立道

【第2ダブルス】
柏木・樫山2(12-21 21-14 21-8)1安居・岸上

【第3シングルス】
土居2(21-16 21-15)0大上


準々決勝
立命館大学 2-3 東海学院大学

【第1シングルス】
樫山1(9-21 21-19 20-22)2峰

【第2シングルス】
山崎0(9-21 11-21)2山本紗

【第1ダブルス】
土居・安田2(13-21 21-5 21-19)1山本明・長野

【第2ダブルス】
柏木・樫山2(21-19 21-18)0山本紗・森山

【第3シングルス】
土居0(15-21 12-21)2古本


準々決勝の戦いは、これまでの彼女たちの取り組みとチームワークの表れでした。
ベスト8入りの京都産業大戦を乗り切り、体力的に削られた樫山が、峰に対して五分の展開まで持ち込み、ファイナル20-19でマッチポイントを取るがそこで不運にも相手のネットインに対してヘアピンが甘くなり、同点に持ち込まれそのまま押し切られました。
しかし得意のダブルスで土居安田がファイナルで快勝し、続く柏木樫山が奇跡的な勝利で2-2に持ち込む。
最終シングルの土居は古本に対して1ゲーム前半リードを奪うが、そこから受身なプレーと粘りがなくなり、奪われると2ゲーム目は元気なく敗れてしまった。
シングルス3本で負けるというチーム事情を反映した結果となった。

しかし、シード権を奪い返して来年に繋がる結果となり、今後の頑張りの糧となると思われる。


doiyasuda.jpg

kashiyama.jpg