2014全日本総合選手権大会

12月1日-7日にかけて、2014年度全日本総合が開催されました。
本学からは、女子シングルスで4回生の山崎絢子選手が出場、予選突破を目指し挑みました。
彼女は、近畿総合選手権で準優勝し、1位の下田選手のインカレ結果での繰り上げ当選となりましたが、
近畿総合の結果は立派なもので、インターハイも出ていない彼女がここまで来れたのも
本人に努力以外の何者でもありません。

予選1回戦
山崎絢子0(17-21 17-21)2松田蒼(岐阜トリッキーパンダース)

序盤、互角の互角のラリーを展開するが、相手のエラーを活かしきれずにこちらもエラーを多く出してしまい
1ゲームを取られると、2ゲーム目は相手選手のアタックの切れと、ネット前からのでデセプションが冴えてきて、
残念ながら敗退となりました。

昨年、総合出場が果たせなかった本学チームでしたが、今年は彼女のおかげで参戦ができ、来年からの後輩の目標となったと思います。

yamazaki.jpg
試合後の山崎選手

yamahashi.jpg
コーチの橋本と山崎選手


その他、卒業生が多く出場しておりました。
ヨネックス 土井杏奈選手 女子単 ベスト16
アクト西京 小口晃佳選手 混合 予選
鳴尾高校教員 野村このみ選手 女子単・複 ベスト32 混合予選


doi.jpg
写真は土井選手の予選
スポンサーサイト