FC2ブログ

京都リーグ最終日

《男子》
立命館大学 3-1 京都産業大学

【第1ダブルス】
土居・北野拓二 2(22-20 21-13)0 上内・永野

【第2ダブルス】
廣岡・川下 1(17-21 21-14 19-21)2 村上・山田

【第1シングルス】
土居 2(21-13 21-19)0 大倉

【第2シングルス】
平野 2(21-19 17-21 21-10)1 上内

【第3シングルス】
川下 (打ち切り) 村上


龍谷大学 3-2 同志社大学
京都大学 3-1 花園大学

最終順位
優勝:立命館大学 準優勝:龍谷大学 第3位:同志社大学 第4位:京都産業大学 第5位:京都大学 第6位:花園大学


最終日は故障者・病気のためオーダーが大幅に変更になった。単複の要の宇野が発熱でダウン第2ダブルス平池は足の故障でダウン単の北野大地も足の故障。そのため第1第2ダブルスを入れ替え、2本ともほぼ即席ダブルスとなった。単はこれまで安定していた平野と川下、それに相手との相性を考えて土居をいれた。
ダブルスを入れ替えたのが候をそうしたか、土居・北野拓二の複がいい試合を見せた。レシーブ場面でも前に積極的に出る姿勢をみせ、アタック場面では土居が相手を良く見て拓二につなげることができた。おかげで幸先よく第1複を取れた。逆に第2ダブルス取れるであろうと思っていた川下・廣岡が落としてしまい、次の土居の単への重圧がかかる。しかし、この日の土居寛人は違った。コート四隅を使って相手を振り回し、好機にアタックをかまし、見事に勝利すると、ながれは一気に立命に。次の平野がアタッカーの上内を相手に前に出る威圧感あるいいシングルスをみせ、ファイナルで勝利。今日はいつものポイントゲッターだけではなく、皆で勝ち取ったいいゲームだった。
写真は最後を決め、このリーグ単全勝の平野晃一。

hirano.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)