FC2ブログ

京都学生リーグ最終日 女子

《女子》
立命館大学 3ー1 龍谷大学
【第1ダブルス】
小口・土井 2(21-15 21-5)0 牧野・河崎

【第2ダブルス】
北吉・大谷 2(21ー15 20ー22 21-19)1 西・松本

【第1シングルス】
小口 1(15-21 21ー18 15-21)2 東野

【第2シングルス】
土井 2(21-12 21-5)0 青柳


同志社大学 0ー3 京都産業大学
佛教大学 3ー1 滋賀短期大学

最終順位
優勝:立命館大学 準優勝:龍谷大学 第3位:京都産業大学 第4位:同志社大学 第5位:仏教大学 第6位:滋賀短期大学

この日は今期最初の大勝負である。しかもダブルス1本は勝負はほぼ互角になるのではと予想される。しかし、1回生の高橋さんが発熱でダウンらしく、向こうはオーダーを入れ替えて西を後ろに下げた。おかげで第1複は割と簡単に取ることができたが、北吉・大谷と西・松本の試合は混戦となった。これまで苦戦続きの北吉大谷に対して西がプレッシャーを掛けてくる。幸いなことにパートナーとのコンビネーションにまだ難がありそうだったので、一気につぶされるラリーが少なかったため、最後は北吉たちが逃げ切った形となった。何とかダブルス2本取れてリーチ。しかし、次の小口と東野、小口にはぜひ勝ってほしかった試合である。動きはどちらかといえばいいほうだったと思う。ラリー構成も悪くなかった、しかし試合に勝つにはもう一つ必要である。それは勝負のポイントでラリーを取るための集中と選択。チャンスは数少ない。そのチャンスに連取するためには相手の苦手なところを徹底して攻める集中攻撃と的確なコースの選択が必要だ。これは何回もトライし、何度も経験を積まないと身につかないと思う。ただ、その崩し方が一度頭にインプットされるとテキストを読み込んだように、崩すコース・タイミングを的確に選択できるようになる。もちろん微妙な相手との距離や駆け引きの関係ですべてがうまくいくとは限らない。大事なことは次のコースを読みやすくするためショットを打って、次のショットのモーションにつないでいけるかということである。
結局小口はファイナルゲームで敗退し、次の土井杏奈が相手1年生に対してしっかり自分の試合をすることができ、勝利し今回は立命館に軍配が上がった。



koguchi.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)