FC2ブログ

京都学生リーグ開幕 男子

4月4日(日)京都学生リーグが開幕しました。

男子
立命館大学3-2龍谷大学

宇野・川下2(21-17・21-12)0小林・松原
廣岡・平池0(18-21・18-21)2堤・岩江
北野大地0(13-21・15-21)2松原
平野2(24-22・21-17)0小林
宇野2(13-21・21-14・21-18)0堤

ぎりぎり勝ちでしたね。第1ダブルスはさすがエースダブルスとしてプレッシャーをものともせずに自分たちの形を出せたと思います。第2ダブルスと第1シングルスはともに2年生を含んでおり、メンタル面でプレッシャーをはねのけることができなかったという課題が残りました。練習時の平常心を試合に持ち込めてない、試合になるとプレーのうえでの重要なポイントがわからなくなるとか・・・そのような課題がたくさんあると思います。
第2シングルスの平野はプレッシャーのかかる場面でよくしのいでくれました。ここは相手との実力さ以上に自分のプレーをすることができるかということが一番大事になるところ。そういう意味ではさすが4年生。今後頼りになる存在になりそうです。
最後の宇野は相手の堤君も攻撃的ないい選手なので、大事なことは相手が打ちたいコース・パターンにはめないことでした。最初のゲームはまったく向こうのペースで向こうのやりたい放題でしたが、2ゲーム以降、ネット前からのフェイントを駆使して向こうのアタックチャンスを減らすことでストレスを掛けていけたのが良かったと思います。
開幕戦で始めて重役を担う選手たちには多くの課題がみえたはずこれらの課題を5月の関西リーグまでに克服する努力と工夫がもっとも大事ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)